老いると言う事・・・。そして・・。

October 10, 2016

|髙橋 和孝

今日、サスケの散歩の途中で公園に立ち寄った時の事でした。

「久しぶりに鉄棒でも下がってみようかな?」そう思っておもむろに鉄棒に下がり「蹴あがり」をやってみました。

 

1回目「あれ?失敗したぞ‥。あ!鉄棒が滑るからか!」

2回目・・・「あれ?あ!肩と首が痛いから…。」

 

3回目・・・「あれ?まさかね・・・💦」

 

4回、5回、6回・・・「左肩がしびれた…。」

 

「うそ?マジ?なんで???」「そんなはずはない!!」

 

器械体操で「蹴あがり」と言うと、「野球選手が練習の前にグローブをはめる」くらい自然な物。それが出来ない・・・・!!!!

あり得ない・・・。しばし、ショックを受ける。あり得ない出来事を受け入れ切れない…。そして、もう一回、鉄棒に。

今度は2回目で出来た! 出来た?・・・。当たり前のはず・・・。「情けなさと出来るはずの事が出来なくなっていたショック」 

 

これが老いるという事だろうか?そして、認めたくない自分…。高齢者と接する時によく見る光景だった・・・。(笑)

 

う~ん…。「ヨシ、明日から筋トレしよう!!」 これがリハビリと言う事? なるほど!!  

 

妙に納得した時間だった・・・。(笑)

 

 

 

Please reload

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now